Archive for ブログ

New!! 金子彰『え』への想い

↓↓画像は拡大してご覧になれます。

2020年春以来コロナ禍で、展示活動も自粛や中止で減少傾向ですが、私は幸いにもグループ展への誘いは継続で、参加出品は相変わらず出来ています。
物心ついて以来、絵を描くこと70余年ですが、油彩画の楽しみは、今でも日々増大し続けています。
先頃想い出したのは、小学校4年の図画の時間に、老画家がゲスト講師として授業を受け持ってくれ、『短い時間で人物の素描を畫くスケッチでのクロッキーの一筆書きの妙技』を、教えて下さったことです。人との出合いが、好奇心の向上への発火点になったひとつでした。
私にとって、色彩の明暗を模索したり、構図の考察は、創造力の宝庫を呼び覚ますことに繋がっています。
小品(SM、0~8号)から各種サイズ(10~80号)、そして大作(100号以上)を、白紙キャンパスにパレットから筆一本と油彩で表現できるのは醍醐味ですね。
時には、一色の濃淡によるグラデーション(究極は水墨画か)で、百号も絵筆で創り出せますし、ペインティング・ナイフだけで多色の描写ができ、創作意欲が湧き上がります。
↓↓ ペインティング・ナイフの油彩例 (絵の一部)
題材は自然界の四季折々の景色や、七十二候の変化の移ろい、森羅万象、千変万化等々と数限りないです。何か興味があるものを自分自身で納得の行くまで突き詰め、いつでも推敲できる絵は、自分との闘い、そして日々の暮らしの友です。
時には葛藤が生ずるのも善し、また習作を繰り返し創作意識を高め、作品に仕立てるのも魅力でもあります。

参考1)一色の濃淡(グラデーション)

参考2)夕方の海辺の彩色

参考3)水彩画風のグラデーション

昔から、ひとより多く手先を使う者は、健康で長寿の傾向が高く、昨今の認知症になる確率も一般的に低いとか。絵を描くことも高齢化時代には、理に叶っているのかもしれません。
先達から学ぶ事が多い程人生を豊かにし、また先人曰く“継続は力なり”。
おかげさまで、悠々自適、晴耕雨読、花鳥風月、絵画三昧を、知人らの協力により、細々く永く続行できる“え”には感謝です。いつの間にか30余年以上の在籍になりましたが、人生100年時代につき生涯現役で、筆を持ち続けたいですね。
金子 彰(理事)🖌パレット

♪♪ エール ♪♪

例年でしたら、お花鑑賞や散策を楽しむこの時期 皆様 お元気にお過ごしでしょうか?

新洋画会展も中止となり、7都府県に非常事態宣言が7日に発出され不安がつのります。家の中でテレビ、パソコン、動画鑑賞などの時間をいつもより割いている方も多いのではないでしょうか。以下 あえて明るめのお話します。

話題のNHK朝ドラ「エール」はご存知、福島県出身の大作曲家 古関裕而さんをモデルに作られ、東日本大震災から10年を目前に「福島を応援したい」との思いが込められているそうですね。

彼が作曲した数々の応援歌、1964年の東京五輪の「オリンピック・マーチ」のリズムやメロディーが蘇ります。希望が湧く気品ある曲のイメージをどうやって作られたのかにも興味がわきます。ジャンルは違いますが絵や工芸などに必要なアートの神髄を感じ取れたら、ありがたい。

ところで歌手である奥様の金子(きんこ)さんは、愛知県豊橋市出身で、早川東海支部長とHP担当の大林さんは金子さんが卒業した豊橋東高校の後輩だそうです。ということで古関さんと新洋画会とのご縁まで感じられます。

この時期でロケが上手く行われるかなど心配な面もありますが、これからもこの番組からアートパワー含め温かい「エール」がもらえるのでは、、と期待しています。(管理人)

古関さんが作曲したおなじみ曲 一部抜粋

早稲田大学第一応援歌「紺碧の空」、
慶應義塾大学応援歌「我ぞ覇者」、
東京農業大学応援歌「カレッジソング」、
名城大学応援歌「真澄の空に」、
全国高等学校野球選手権大会
の大会歌「栄冠は君に輝く」、
中央大学応援歌「あゝ中央の若き日に」
阪神タイまたガースの球団歌「大阪(阪神)タイガースの歌(六甲おろし)」、
読売ジャイアンツの球団歌「巨人軍の歌(闘魂こめて)」、
中日ドラゴンズの初代球団歌「ドラゴンズの歌(青雲たかく)」、
東京五輪の「オリンピック・マーチ」

参照 ウキペディア

第19回アートステンシル協会合同展・観覧記 

以下の展示へ伺ってきました。(それぞれ画像を拡大してご覧ください。)

令和2年もステンシル作品が、たくさん揃い華やかでした。以下のように即売も行われどんどん売れていました。 絵画作品も多く、見応えがありました。「シャンソン&夢語り」当日は残念ながら拝見できなかったので、来年のイベントを今から楽しみにしています。
椅子に座り作品を眺めると、描かれているキリンや花たちが語りかけてくれるようでした。
5月の本展にもまた 力作出品よろしくお願いします。

 

 

 

第39回浦安市美術展 

令和元年・第39回浦安市美術展で千葉支部・中島 政吾さんの洋画作品
「白い家の前で」が市長賞を受賞しました。
(以下画像はそれぞれ拡大できます。)

「白い家の前で」中島政吾 令和元年 浦安市美術展 市長賞

 

 

 

詳細は 浦安市公式ページへ

 

 

 

 

第40回 会員展

八人展・観覧記

「八人展」観覧してきました。
地下鉄・新御茶ノ水駅を
上がると、、すぐ会場で
ありがたい。
会館1階ロビーに展示で、
思わず・・・どころか必然的に
足をとめて見ていただける
場所いいですね!改めて画像を
みると、展示の壁がもう少し
明るい色だと作品がもっと
映えるような…。
展示メンバーは多摩支部有志
と新洋画会展に一般で出品さ
れている方とでした。
水彩、アクリル、油彩と
バラエティー豊か。
神田駿河台という場所に
相応しい若い感性にあふれた
作品群から新鮮かつ神聖な
お茶の水をいただけたような
心持ちでした。
(つぶやきby管理人)

 

小林惠久夫 展・観覧記

主にドイツの風景を描かれご活躍された 小林 惠久夫 元事務局長の遺作展が行われました。

←↑共に展示詳細(拡大できます)

上の赤い作品は、小林さんが晩年に指で描かれたと、奥様に教えていただきました。 ↑手前の地図は、小林さん手作り。ご自身が訪れた街に印がつけられています。お好きな場所にいるご自身をイメージされ少しでも気持ちを盛り上げ、病と闘っていらっしゃったのではと思わずにいられませんでした
→奥の部屋にもたくさんの作品がありました。内閣総理大臣賞受賞作品を中心に、どれも小林さんがすぐそばにいらっしゃるような絵力。作品の中だけでなく、この展示を開催された奥様、そして、おこがましいですが私たちの心の中にも、小林さんは生き生きと存在されています。(つぶやきby管理人)

新美連 絵画展

太田 英博、根津 賢三 出品