Archive for 新洋画会ホームページ管理者

New!!◎2021埼玉支部展ご報告

 アーカイブ(過去の展示)は、ここをクリックしてください

2021年埼玉支部展ご報告    埼玉支部長 大村正一

埼玉支部展は、川口総合文化センター・リリア 3階ギャラリーにおいて、8月17日(火)~8月23日(月)まで7日間開催されました。

出品者は、他支部会員3名、一般参加者2名、支部会員16名、計21名。出品作品43点、281名の来場者がありました。このコロナ禍にもかかわらず遠方からお越し下さった会員の皆様方、そしてお祝いを頂戴いたしまして、誠に有難うございました。来場者との出会いと作品に関する会話で盛り上がり、楽しい7日間を過ごさせてもらいました。

来年もこの時期にリリアで開催しますので、他支部会員様や一般の方々も出品していただけると有難いです。これからも、個性豊かな埼玉支部展として楽しい会を目指していきます。

最後に、掲載写真は、石井正美さんと源 啓明さんの協力のもと、長時間かけて撮影していただきました。有難うございました。

以下画像を拡大してご覧ください。

会場・リリア

注)作品を無断で使用や転載はお止めください。

New!!グループ青の活動について

グループ青の活動について
コロナ禍が長引く中、会員の皆様は如何お過ごしでしょうか?

作品を発表する場も少なく、モチベーション維持に苦労されているかと拝察致します。

そこで参考になるか分かりませんが、私たちのグループ活動を紹介させて頂きます。

私たちのグループは埼玉県ふじみ野市にある上福岡西公民館で月2回の絵画教室を開催している「グループ青(せい)の会」といいます。会員は現在新洋画会会員の私と山手渓子さん、元会員の福島京子さん、中村幸子さんと猛勉強中の鶴田清文さん、丸山進さんの6名です。当会は元新洋画会会長の故・土屋昭雄先生が主宰され、先生亡き後しばらく休会しましたが義理のご子息・矢田凡成先生のご好意により7年前から再開しました。
矢田先生は新洋画会の理事でもあります。まだ現役で大阪、名古屋と掛け持ちの多忙の中、ご指導頂いております。教室では各自が自由にモチーフに合わせて筆をとり、先生がフォローして下さいますが、皆で合評することもあります。 さて、制作した作品の発表ですが、年1回地元の市役所のギャラリーで展覧会を開催していますが、それとは別に山手さんの開設しているブログで定期的に発表しています。今はパソコンだけでなくスマホでも簡単に見られますので、一度是非覗いて頂けたら幸いです。
ブログでも発表の場があればモチベーションが上がります。

参考にして下さい。   山手渓子のブログ  gallery free wings

報告  山岸 軍二

(画像の額装、背景などはHP係りが付けました。)
※作品の無断使用はおやめください。

 

◎多摩支部展 ご報告

2021年・第19回多摩支部展 ご報告 
皆様のお蔭様で2年ぶりに開催できました。 外出自粛・Stay Home というのに制作が乗らない時もありましたが、支部展開催を目指し少しずつ作品に向き合いました。他支部の方々のご協力にも感謝しています。
作品ギャラリー (一部画像に照明などの映り込みあります。ご理解ください。)

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第18回(2019年度)多摩支部展が7月に開催されました。

多くの方々にご覧いただきましてありがとうございました。

会場の司画廊までの道のりが国分寺駅再開発が綺麗になされたため以前よりわかりやすくなり、また会期中は涼しい日々で例年にも増してたくさんの方々に、ゆっくりと鑑賞していただけました。

ご好評賜り、支部員はじめ協賛出品者一同、そのお励ましを次回へのパワーに変え今後も精進して参りたいと存じます。(以下のご報告画像を拡大してご覧ください。)

画像の無断使用はおやめください。

 作品目録(拡大してください)
パーティーも盛況でした。

以下は展示作品画像です。

 

作品画像の歪み補正、各種調整などの時間がかかる面倒な作業を東海支部大林雅春さんにしていただけ大変助かりました。 画像撮影 多摩支部(HP担当)本 靖夫さん

画像の無断使用はおやめください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇以下の各ページを拡大してご覧ください (画像の無断使用はおやめください。)


—1p—


—2p—

◎パソコンで以下pdfファイルが上記より鮮明に見られます。

多摩支部展2018pdf01p2

 

◎第16回多摩支部展

2017年 第16回多摩支部展ご報告(以下 3ページとも拡大できます)   

画像の無断使用はおやめください。


                             

—-1p—-

 

 


—-2p—-

 


—-3p—-

New!!小野平吉 自撰展

8月27日〜11月14日まで 今回は故郷での個展開催です。 小野 平吉
酒田市 松山文化伝承館
 👈クリックで歴史やアクセスなど見られます。
ーーークリック拡大できますーーー

早川洋介絵画展 訪問記

『早川洋介絵画展 訪問記』

2021年6月20日~7月4日 於 「汽水域」愛知県豊橋市

一年前に、豊橋に素晴らしい施設が出来ました。「汽水域」という能舞台を併設したカフェです。その能舞台はギャラリーにも利用できるということで、オープン1周年を記念した企画展を、我が早川支部長の作品展が開催されました。 店のオーナーは、『三河三座』というここ豊橋を中心とした三河地方の古典芸能「歌舞伎」「文楽」「能」の伝統文化を支持する会を主催する方です。能面保存会では、戦火を免れた江戸時代の能や狂言の面や、吉田文楽の浄瑠璃公演など、私の切り絵作品にも題材にさせて頂いてます。

 

 

今回は写真をメインにレポートします。

 

カフェの外観からは、能舞台が想像できませんが、入り口を入ってまず目に入るのが「鏡板」です。そうです能舞台の後方の松の絵です。

何とこの絵も早川支部長の手によるものです。

そんなバックグラウンドを知った上で、訪問させて頂きました。

純和風の能舞台の壁に並んだ作品群は、洋画であるにもかかわらず妙にしっくり感じます。私が訪れた別日には、作品をバックに舞が演じられたようです。

同じ東海支部の金子さんのブログの訪問記には、多くの写真がありカフェコーナーの写真もあります。

https://ameblo.jp/mk-ribbon/entry-12682979897.html

エピソードをもう一つ、この近所に朝ドラ「エール」の主人公の奥さん「音」の生家もあります。

 

7月末現在、コロナの感染者数が関東を中心に加速度的に増えています。今後の新洋画会の支部展や会員店が無事に開催されることを祈りつつ。

                東海支部 大林雅春

金子彰『え』への想い

↓↓画像は拡大してご覧になれます。

2020年春以来コロナ禍で、展示活動も自粛や中止で減少傾向ですが、私は幸いにもグループ展への誘いは継続で、参加出品は相変わらず出来ています。
物心ついて以来、絵を描くこと70余年ですが、油彩画の楽しみは、今でも日々増大し続けています。
先頃想い出したのは、小学校4年の図画の時間に、老画家がゲスト講師として授業を受け持ってくれ、『短い時間で人物の素描を畫くスケッチでのクロッキーの一筆書きの妙技』を、教えて下さったことです。人との出合いが、好奇心の向上への発火点になったひとつでした。
私にとって、色彩の明暗を模索したり、構図の考察は、創造力の宝庫を呼び覚ますことに繋がっています。
小品(SM、0~8号)から各種サイズ(10~80号)、そして大作(100号以上)を、白紙キャンパスにパレットから筆一本と油彩で表現できるのは醍醐味ですね。
時には、一色の濃淡によるグラデーション(究極は水墨画か)で、百号も絵筆で創り出せますし、ペインティング・ナイフだけで多色の描写ができ、創作意欲が湧き上がります。
↓↓ ペインティング・ナイフの油彩例 (絵の一部)
題材は自然界の四季折々の景色や、七十二候の変化の移ろい、森羅万象、千変万化等々と数限りないです。何か興味があるものを自分自身で納得の行くまで突き詰め、いつでも推敲できる絵は、自分との闘い、そして日々の暮らしの友です。
時には葛藤が生ずるのも善し、また習作を繰り返し創作意識を高め、作品に仕立てるのも魅力でもあります。

参考1)一色の濃淡(グラデーション)

参考2)夕方の海辺の彩色

参考3)水彩画風のグラデーション

昔から、ひとより多く手先を使う者は、健康で長寿の傾向が高く、昨今の認知症になる確率も一般的に低いとか。絵を描くことも高齢化時代には、理に叶っているのかもしれません。
先達から学ぶ事が多い程人生を豊かにし、また先人曰く“継続は力なり”。
おかげさまで、悠々自適、晴耕雨読、花鳥風月、絵画三昧を、知人らの協力により、細々く永く続行できる“え”には感謝です。いつの間にか30余年以上の在籍になりましたが、人生100年時代につき生涯現役で、筆を持ち続けたいですね。
金子 彰(理事)🖌パレット

人物画 五人展

太田英博 出品

◎東海支部展ご報告&便り

『第18回 新洋画会東海支部展 報告』

2021年3月16日~21日 於 豊橋美術博物館

コロナ禍で、開催自体が懸念されましたが、緊急事態宣言も解除され開催の運びとなりました。

今年の東海支部展は多分にもれず、参加人数と作品数も少ないながらも、精鋭の会員の自信作が並びました。コロナは作品の制作意欲にも影響しているようです。豊橋美術博物館で前後に行われた他のグループ展の多くも、スケール感が縮小された感じを受けました。

3月中旬開催ということで、美術館のある豊橋公園の桜が、開催初日からのうららかな春の日和が続きいっきに咲き誇ります。散歩がてらの来場者も支部展に寄ってくれました。最終日の日曜日は、桜も八分咲きほどになりましたが、残念ながら天候に恵まれず、来場者は伸びませんでした。それでも来場者は、総計776名となりました。ちょうど我々の部屋の前が、朝ドラ「エール」の特集コーナーがあり(朝ドラの冒頭シーンの海岸は豊橋です)、それもあって客足が増えたのかもしれません。

美術館での行事も、感染予防のためのマスクや検温、アクリルのシールド等が日常的な風景になってしまいました。5月の新洋画会展が無事に開催されることを祈りつつ。

東海支部 大林雅春

以下の作品画像を拡大してご覧ください。一部に会場照明など映り込みありますがご理解ください。

飯田 知須子「GARAKUTA」

飯田 知須子「市場のネコ」

尾田 美津「喝采」

大林 雅春「武者絵」

金子 通世「リボンで綴る春」

川村 健広「弥生」

北川 育子「いとおしいもの」

北川 育子「あたたかいもの」

清水 美知子「山里の秋」

鈴木 とわ「想い出」

早川 洋介「安全第一」

早川 洋介「崖下の花」

原田 伴子「晴天の富士」

福永 慶太郎「バレリーナ」

————————————————————————————————————————————————————————-

2020年 第17回 東海支部展ご報告
出品者 12名  出品数 20点
入場者数 1,069名
**********************************************************
恒例の東海支部展が2月にやってきました。今年も力作が揃いました。開催直前に新規加入された「北川育子さん」が2作品出展され、総計20点の作品が揃いました。期間中、雨の日もありましたが、観覧者が千人を超えたのは特筆すべき事です。
東京都美術館での新洋画会展に向けて、また皆さん作品作りに精を出しましょう。

早川支部長はじめ皆様 お世話様でした

                           文責・東海支部 大林雅春
**********************************************************

以下に展示作品などアップしました、ご覧ください。それぞれ拡大できます。

(お願い)画像の無断使用はおやめください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 小 作 品 集 ーー------------ーーーーーーーーーー^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
画像の無断使用はおやめください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東海支部便り (早川 支部長作成)

NO.5 が2019年7月16日に発行されました。以下拡大してご覧ください。
東海支部便りNO.5pdf(←このファイルで画像等がより綺麗に見られます。)


(お願い)画像の無断使用はおやめください。


——————————————————————————–

2018年7月17日発行

 

201807東海支部便りpdf

(お願い)画像の無断使用はおやめください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年 ご報告
東海支部展pdf画像リンク先  ←pdf画像はここをクリックしてください。
平成29年度 東海支部展ご報告 gif画像でも覧ください。
(画像拡大はお手持ちのPCによりますが、⊕の表示をクリックで。)


 


Copyright © 2020 SHINYOUGAKAI All Rights Reserved.